顧客管理・CRM・SFA

法人顧客のデータベースを管理するだけではないCRM(顧客管理)ツール導入のメリット

営業やビジネスにおいて非常に大切なのが顧客との良好な関係づくりですよね。
顧客との関係づくりの際に、よく用いられているマネジメント手法にCRMがあります。

今回は、CRMツールと導入するメリットについて紹介していきます。

CRMツールとは?

CRMはCustomer Relationship Managementの略で、日本語では顧客関係管理と呼びます。名前の通り、CRMとは顧客情報を管理し顧客との信頼関係に重点を置くマネジメント手法です。

CRMツールはITの発達により、顧客情報のマネジメント以外にもさまざまな働きをし、従来よりも効率的かつ効果的に顧客との関係構築をサポートしてくれます。

CRMツール導入のメリット

では、CRMの概要が分かったところで、実際にCRMツールを導入することにより、どのようなメリットがあるのか紹介していきます。

大量の顧客情報量をリスト化して管理できる

CRMツールの効果を最大限に生かすためにまずは大量の顧客情報を入力しましょう。
顧客情報は、展示会や営業の際にもらった名刺や、キャンペーンの際に記入してもらった情報からで、基本情報(名前、会社名、部署、年齢、メールアドレスなど)をリスト化できます。

またエクセルのような表計算ソフトでも顧客リストを作成することができるのですが、顧客数の入力に限界があります。そのため、取引が多い大企業やBtoCの企業では、必然的に取り扱う顧客情報が多いので、CRMツールを使用する必要があります。

顧客情報や営業データからグラフ・図を用いた資料作成ができるので、営業マンはセールスの仕事に集中できる

顧客情報や営業データなどから、各種データの項目の組み合わせを設定するだけで、CRMツールが分析や集計を行い、グラフや図で資料を作成してくれます。そのため、営業マンは表計算ソフトを使って関数を入力して資料を作成する必要性がなくなり、営業の準備に集中することができます。

お客様への急な資料提供もタブレットやPCですぐ対応できる

上記のように簡単にすぐ資料を作成することができるので、営業中にお客様に「この情報が欲しい」と言われても、従来なら何日間か時間が空いてからの資料を提供をしていたのが、CRMツールを用いることでタブレットやPCですぐ分析し資料作成ができるため、営業や商談にかける時間を削減し、多くのお客様への営業を行えるようになりました。

既存顧客の属性や傾向を分析し、質の高い見込み客を狙って営業アプローチができる

顧客リストの情報から自社の既存顧客にどのような傾向があるのかを考えてみましょう。
自社の既存顧客はどの業界でどの部署の人と契約が多いのか、顧客の傾向が判明したら、その傾向に似た見込み客に営業アプローチをかけましょう。
質の高い見込み客なので、不特定多数にアプローチをするよりも効率良く契約がとれます。

全社員で顧客データの共有により、1対1の顧客対応を可能になり、顧客満足度を高める

CRMツールにはタイムライン(社内SNS)の機能があり、顧客のデータや分析した結果を即時に社内で共有することができます。
社内の部署でデータを共有することで、そのお客様に対して「特別感」を与えるようなおもてなしの対応ができます。こうした取り組みにより顧客の満足度を与えることができると、自社のファンになり優良顧客になる可能性があります。

まとめ

いかかでしたか?

CRMツールを自社でうまく活用することで、顧客情報の管理や社内共有、顧客分析を行い、顧客の満足度を高め、自社のファンを増やしていきましょう!

BaseconnectList