メールマーケティング

営業マンが送るサンキューメールの例文と効果的な活用法を紹介

サンキューメールとは、顧客と接点が生じた時や顧客がアクションを起こした際に送るお礼のメールのことです。サンキューメールを送ることで、顧客との信頼関係の構築にも繋がります。

そこで今回は、営業マンが送るサンキューメールの例文と効果的な活用法を紹介します。

サンキューメールの必要性

Web上で買い物を行ったときには購入確定メール、商品発送後には配送完了メールなどのサンキューメールが届き、開封した経験をお持ちだと思います。もし、これらのメールが届かなかった場合、不安になる人も多いのではないでしょうか。

サンキューメールは、顧客に対するお礼のメールであり、顧客に確認を促すメールでもあります。そのため、一般にサンキューメールは、メルマガなどの他のメールマーケティング手法と比較して、高い開封率を誇ります。

開封率が高いということは、顧客にとって必要なメールであると共に、企業にとってもチャンスなのです。

営業マンが送るサンキューメールの例文

アポイント獲得後に送るサンキューメールの例文

<題名>
○月○日のお打ち合せについて(株式会社△△ (担当者名))

<本文>
(会社名) (お名前)様

いつもお世話になっております。
株式会社△△の(担当者名)です。

先程はお電話でご親切に対応していただき、誠にありがとうございました。
また、お打ち合わせの機会をいただけますこと、重ねてお礼申し上げます。

以下日程にて、お打ち合わせをお願いいたします。

○月○日(○) ○時~○時

当日はどうぞよろしくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社△△ □□部
(担当者氏名)
住所:〒123-4567
TEL:12-3456-7890 / FAX:01-2345-6789
URL:http://www.○○○.co.jp
E-Mail:○○@○○○.co.jp

会社訪問後に送るサンキューメールの例文

<題名>
○月〇日の会社訪問のお礼(株式会社△△ (担当者名))

<本文>
(会社名) (お名前)様

いつもお世話になっております。
株式会社△△の(担当者名)です。

本日はお忙しい中、弊社サービス○○に関する打ち合わせに貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。

今回お打ち合わせさせていただきました内容および補足資料を添付ファイルにて送付いたしますので、ご査収の程よろしくお願い申し上げます。
添付ファイル:○○○.pdf, △△△.pdf

何かご不明点やご要望がございましたら私、(担当者名)までお気軽にお申し付けくださいませ。

また、導入をご検討されている○月頃になりましたら、ご連絡させていただきます。
では、引き続きよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社△△ □□部
(担当者氏名)
住所:〒123-4567
TEL:12-3456-7890 / FAX:01-2345-6789
URL:http://www.○○○.co.jp
E-Mail:○○@○○○.co.jp

受注後に送るサンキューメールの例文

<題名>
新規ご契約のお知らせと御礼(株式会社△△ (担当者名))

<本文>
(会社名) (担当者名)様

いつもお世話になっております。
株式会社△△の(担当者名)です。

この度は、弊社サービス○○に新規ご契約いただきまして、誠にありがとうございます。
貴社との取引開始に大変感謝しております。
今後、改めて貴社のご期待に添えるようサービスの品質向上に努めていく所存です。

サービスの詳細やプランに関しては以下のURLより確認できます。
https://○○○.co.jp

また、サービスについてご不明な点やご要望等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社△△ □□部
(担当者氏名)
住所:〒123-4567
TEL:12-3456-7890 / FAX:01-2345-6789
URL:http://www.○○○.co.jp
E-Mail:○○@○○○.co.jp

サンキューメールの効果的な活用法

要点をまとめた議事録を付け加える

サンキューメールの効果的な活用の1つ目の方法は、要点をまとめた議事録を付け加えることです。商談後のメールであれば、商談の要点をまとめた議事録や次回の商談までにお互いが行うこと、次回商談の日時などを付け加えて送りましょう。

議事録を送ることで、今回の商談の内容を確認すると共に、お互いに情報を共有することができます。また、メールを見返される可能性も高まります。

顧客の次の行動を促す(CTA)リンクを送付する

サンキューメールの効果的な活用の2つ目の方法は、顧客の次の行動を促す(CTA)リンクを送付することです。CTAとは、「Call To Action」の略称で「行動喚起」などと訳されます。

上述したようにサンキューメールは開封率が高いため、配信数に対するリンクのクリック率は高くなる傾向にあります。従って、CTAリンクを送付することで、顧客の購買行動や継続購入などに繋がる可能性が広がります。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はサンキューメールの例文と効果的な活用法を紹介しました。

サンキューメールは、開封率が高いことから有効なメールマーケティング手法であると言えます。是非、サンキューメールを有効活用してみてください。

BaseconnectList