営業アプローチ手法

動画コンテンツを法人営業ツールとして活用するメリットと有効なコンテンツとは

動画はWebマーケティングなどに主に活用されますが、動画コンテンツは有用な営業ツールにもなります。

そこで今回は、動画コンテンツを法人営業ツールとして活用するメリットと有効なコンテンツの種類を紹介します。

法人営業ツールとして動画コンテンツを活用するメリット

誰でも情報を正確に伝えることができる

法人営業ツールとして動画コンテンツを活用する1つ目のメリットは、誰でも情報を正確に伝えることができることです。仮に同じ資料を使用していても、営業マンによって伝える情報が偏ってしまうことはよくあります。

しかし、動画コンテンツを用いることで誰でも同じ内容を正確に伝えることが可能です。営業マンの力量による受注の差が大きい企業は、動画コンテンツを導入することで営業力の底上げを図ることができるでしょう。

分かりやすく記憶に残りやすい

法人営業ツールとして動画コンテンツを活用する2つ目のメリットは、分かりやすく記憶に残りやすいことです。「百聞は一見に如かず」ということわざがあるように、営業マンが何度も言葉で説明するより、一度動画を見せた方がよく分かってもらうことができます。

また、視覚もしくは聴覚のみから取り入れた情報と比較して、視覚と聴覚の両方を使って取り入れた情報は、人の記憶に残りやすいと言われています。従って、動画を視聴してもらうことでより覚えてもらいやすくなります。

営業メールやマーケティングなどにも再活用できる

法人営業ツールとして動画コンテンツを使用する3つ目のメリットは、営業メールやマーケティングなどにも再活用できることです。動画コンテンツの制作には、時間と労力が必要となりますが、営業ツールのみならず様々なシーンで活用することが可能です。

例えば、営業メールのコンテンツとして配信することで開封率やクリック率が改善した事例もあります。また、自社のWebサイトに掲載することで、インバウンドセールスにも繋がります。

法人営業ツールとして活用する動画コンテンツの種類

商品説明動画

法人営業ツールとして有効な動画コンテンツの1つ目は、商品説明動画です。動画は分かりやすく記憶に残りやすいという特徴があるため、全ての商材におすすめです。

全く新しい商品・サービスや言葉と図表だけでは説明しづらいシステムなどの無形商材などでも、動画を用いることで顧客に理解してもらうことが可能です。

商品デモ動画

法人営業ツールとして有効な動画コンテンツの2つ目は、商品デモ動画です。営業マンが商談で直接デモを行うことが最も良いですが、大型で持ち運びが難しい商材や対面での営業を行わない場合におすすめです。

また、分かりやすいデモ動画を制作して自社の製品サイトに掲載することで、商品の使い方についての問い合わせ数が減少します。これにより、顧客の不満を予防するとともに、問い合わせ対応に割く人員を削減することが可能です。

インタビュー動画

法人営業ツールとして有効な動画コンテンツの3つ目は、インタビュー動画です。実際に商品やサービスを使用している顧客に協力してもらい、第三者の立場から意見を述べてもらうことで説得力が増します。

さらに、動画内に商品やサービスを利用した事例について言及があると、具体性を感じさせることができ非常に有効です。また、インタビュー動画では、顧客との関係の良好さをうかがうことができるため、企業の信頼感向上にも繋がります。

 

まとめ

いかがでしたか?法人営業ツールとして動画コンテンツを活用するメリットと有効な動画コンテンツを紹介しました。

動画を使用することで、情報を正確に伝えることができ、顧客にも理解してもらいやすく記憶にも残りやすいなどのメリットがあります。
商品説明やデモ、インタビュー動画などの動画コンテンツを法人営業に活用してみてはいかがですか。