MA(マーケティングオートメーション)

MA(マーケティングオートメーション)ツール導入の4つのメリットを紹介

MAツールは今まで人力で行っていたリード獲得から育成の部分を自動化できるツールです。
では、具体的には一体どのようなことがMAツールによって可能になったのでしょうか?

今回はMAツール導入のメリットを4つご紹介したいと思います。

顧客ごとに最適化されたコミュニケーションが可能になる

MAでは、最適な顧客に最適なタイミングで最適な情報を、最適なチャネル(Webサイト、メールデジタル広告など)で発信することが可能になります。

現在ではインターネットで情報収集が容易になった結果、サイトやメディアを通じて情報収集し、購入前にほとんど商品やサービスの比較を終えている顧客が増えました。
そのため、売り手側は、発信する情報やコンテンツを誰にどのように発信していくかが重要になりました。
MAツールは顧客の購買意欲を高めるために、この誰に何の情報をどのタイミングで発信すれば良いのかという部分の施策を実行するツールです。

サイトだけでなく展示会など、見込み客との多様な接点を持つBtoB企業では特に、一人ひとりに合わせたフォローを行うOne to Oneマーケティングが必要になるでしょう。

 

複数のチャネル(流入経路)を利用した施策が実行できる

BtoB企業では購入までの検討期間が長いということが特徴として上げられます。
そのため、見込み客を獲得してからのリードナーチャリング(見込み客育成)がとても重要になります。

MAはリードナーチャリングとして複数のチャネルを利用して顧客に対して適切な施策が実行できるということがメリットとして上げられます。

展示会×メール×サイト

MAでの施策の例を1つご紹介したいと思います。

見込み客を発掘するためには、展示会を開くという方法があります。
MAでは展示会で獲得した名刺により集まったデータから、メールを使って継続的にフォローをするという施策を行うことできます。
これにより顧客は自社を忘れることなく、購買意欲を高めていくことができます。

また、顧客が興味を持つ情報をメールで発信することによって、メールからサイトへの流入を増やすこともできるでしょう。

 

質の高い見込み客を選定できる

MAツールにはスコアリングという機能があります。
スコアリングとは見込み客のサイト内での行動を点数化することで、購買意欲を見える化させる機能です。
この機能により、優先してフォローすべき見込み客や、購買意欲が高い顧客を判断することができます。

見込み客を最適なタイミングで営業部に渡すことができる

見込み客を購買欲により点数で表すことができると、購買意欲が高い顧客をそのまま営業部に渡すということが可能になります。

これによって、営業部は購買意欲が高まった顧客に対してのみ、営業活動を集中的に行うことができるようになります。

 

顧客のデータを一元管理できる

MAはCRMやSFAとの連携により顧客のデータを一元管理できるというメリットが挙げられます。

MAによって見込み客の様々なチャネルからの流入を管理したり、サイト内での行動を分析することで見込み客の興味を把握することができるため、これらの正確な顧客データを取得し、管理してくことができます。

 

まとめ

いかがでしたか?

MAツールは便利な機能を持ち、様々なメリットがあることをお判りいただけたでしょうか。
しかし一方で、MAツールは全てを自動化してくれるのではなく、施策の実行の手助けをしてくれるツールであるということに気をつけましょう。

MAツール導入を考える際にはぜひ参考にしてみてください。

BaseconnectList