MA(マーケティングオートメーション)

導入前に知りたい!MAツール(マーケティングオートメーション)導入前にチェックすべきポイントとは?

MAツールの導入は、周りが使っているから、便利そうだからということだけで安易に導入しては失敗してしまいます。

ではMAツール導入時に何を検討すべきなのかということを今回ご紹介していきたいと思います。

 

MAツール導入の目的は明確か

MAツールを導入するには、まず自社の課題を明確にしてから、その課題を解決していくために必要なMAツールを選びましょう。
単に、効率化させるため、といった具体的ではない目的ではMAツールを十分に活用していくことはできないでしょう。

 

必要とする機能があるか

MAツール導入の目的を明確にできれば、その目的を達成できる機能があるかを確認しましょう。
MAの基本的な機能については、ぜひ以下の記事を参照してみてください。

また一定の機能をもったMAツールは、基本的な機能を一通り使えるようになっています。
多機能であるほど一見良さそうに見えますが、果たしてそれだけの機能が必要になるのか、そして使いこなすことができるのかということを見直しましょう。

多機能のMAツールを導入してみたものの、複雑すぎたり、面倒になったりすると、結局ある一つの機能しか使わなかったなどの失敗もあります。
必ず導入目的と照らし合わせてツール選びをしましょう。

 

価格帯

MAツールは初期費用だけでなく、運用するために長期間の投資が必要です。
そのため、事前にしっかりと費用対効果に見合ったMAツールであるかを検討しましょう。

MAツールによっては、ユーザーの数や導入する機能ごとに値段が異なる場合があるため、どのくらいの規模で使うのか、どの機能が最低限必要なのかという点も考えましょう。

 

マーケティング部と営業部の意思疎通ができているか

MAツールはマーケティング部だけで運用していけばいいというものではありません。
では実際にどのようなことができているのか検討しなければならないのでしょうか。

課題・目標が共有できているか

MAの運用ではマーケティング部と営業部の課題・目標の共有は欠かせません。
同じ目標に向かって動くことで、効果的な連携ができるようになります。

今までは情報共有が不十分であったとしてもMAツール導入を機に、同じ目標値を設定してみましょう。

役割分担ができているか

MAツール導入のメリットとしては、購買意欲が十分高くなったと判断してから、営業部に渡すという一連の流れをスムーズにできるということがあります。
しかし、どのタイミングで営業部に渡すのか、そして見込み客の購買意欲が下がりマーケティング部に再度引き渡すのはどのタイミングかという定義や、見込み客の評価基準を双方が納得したうえでしっかり策定しておくべきです。

 

見込み客に必要なコンテンツを十分に準備できるか

MAツールはターゲットとしている見込み客にむけてのコンテンツを発信していくことが必要です。
導入前にWeb解析を行い、コンテンツを拡充しましょう。
また部門を超えてコンテンツを製作したり、既存のコンテンツ資産を活用することためには、社内での連携体制を整えることが理想です。

MAツールを導入したものの、思っていたよりもコンテンツの準備が大変でやめてしまったという失敗事例もあるため、コンテンツの準備ができるかということは事前に検討してみましょう。

 

専任の担当がいるか

MAツールの運用を他の業務と兼任するということは、必ずしもできないというわけではありません。
しかし、MAツールを活用するために必要な「戦略策定・企画制作→MAオペレーション(データ抽出・設定・配信・結果集計)→評価・分析→改善」というPDCAサイクルを回す一連の作業は大変です。
そのため、一人は専任の担当を用意して運営しておくことが望ましいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

MAツール導入の検討は、マーケティング部だけではできません。
社内を巻き込んでMAツールの導入を考えてみましょう。
導入を検討する際にはぜひ参考にしてみてください。