営業アプローチ手法

問い合わせフォームから営業メールを送る際に気を付けるべき5つのポイント

そもそも問い合わせフォームから営業メールを送っても良いのでしょうか?結論としては、悪くはないと言えるでしょう。しかし、営業メールお断りと明記している企業や採用などの専門フォームには送らないようにしましょう。なぜなら、印象が悪く、担当者までメールが届く可能性が低いからです。

では、問い合わせフォームからどのような営業メールを送るべきなのでしょうか。
今回は、問い合わせフォームから営業メールを送る際に気を付けるべき5つのポイントを紹介します。

メールを送る経緯を記載する

問い合わせフォームから営業メールを送る際に気を付けるべき1つ目のポイントは、メールを送る経緯を記載することです。急に問い合わせフォームから営業メールが送られてくると不信感に繋がります。

従って、どのような企業を探していて、営業先の企業に行きついたかなどのメールを送る経緯を記載する必要があります。テンプレートをコピペしたメールは読まれない可能性が高いため、文頭は特に企業ごとに文面を考えましょう。

 

営業先企業に関する感想を送る

問い合わせフォームから営業メールを送る際に気を付けるべき2つ目のポイントは、営業先企業に関する感想を送ることです。お問い合わせフォームからの営業メールは、メールを送った経緯や簡単な自己紹介を終えた後、営業先に関する感想を送りましょう。

企業の問い合わせフォームは、顧客と接点を持つことや自社のサービスに関する感想などを得ることを目的としてを設置しています。そこで、問い合わせフォームからの営業メールでも、営業先企業の商材に関することやWebサイトを見た感想などを冒頭に記載することで読んでもらえるメールになります。

 

営業先の企業に対して何を改善・解決できるかを提示する

問い合わせフォームから営業メールを送る際に気を付けるべき3つ目のポイントは、営業先の企業に対して何を改善・解決できるかを提示することです。自社の商材の紹介や売り込みは、相手にとってのメリットがありません。

従って、営業先企業が得られるメリットを記載する必要があります。また、問い合わせフォームからの営業メールは、最初に担当者に読んでもらえる可能性が低いので、誰が読んでも分かりやすい文章にすることや担当者に転送してもらえる工夫が必要です。

 

相手が取りやすいアクションを用意する

問い合わせフォームから営業メールを送る際に気を付けるべき4つ目のポイントは、相手が取りやすいアクションを用意することです。問い合わせフォームからの営業メールのみで、成約することはまずありません。

従って、営業メールを読んでもらった後に、資料請求や無料サービスなどの相手がすぐに取りやすいアクションを用意する必要があります。

 

自社の問い合わせ先を明確にする

問い合わせフォームから営業メールを送る際に気を付けるべき5つ目のポイントは、自社の問い合わせ先を明確にすることです。興味を持った企業が連絡する際に、問い合わせ先が分からない場合、失注してしまう可能性があります。

従って、営業メールの最後には必ず自社の問い合わせ先を明記する必要があります。電話はハードルが高い場合もありますので、電話番号とメールアドレスの両方を記載すると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は問い合わせフォームから営業メールを送る際に気を付けるべきことを紹介しました。

問い合わせフォームからの営業メールは、一般的に読んでもらいにくいですが、メールを送る経緯と相手先の企業に関する感想を冒頭に記載することで読んでもらいやすいメールになります。
問い合わせフォームから営業メールを送る際には、是非参考にしてみてください。