ブランディング

自社の認知度はどれくらい?ブランド認知を測る指標とは

自社の認知度はどのくらいか分かりますか?

認知度がどれくらい分かっていると、広告の規模やマーケティングの施策を考えるときに非常に役に立ちます。

今回は、自社の認知度の測り方について紹介していきます。

認知度で市場での自社のポジションが分かる

現在、同じ役割・機能である商品やサービスが何種類も存在しています。

その中から自社のものを導入・利用してもらうためには、「ブランディング」と「認知度」が必要となってきます。

今回はその「認知度」について紹介するのですが、認知度は「どれだけの人が自社を知っているのか」がポイントになり、認知度を図ることで同じ分野・カテゴリーの中で、自社がどのポジションにいるかが分かります。

 

自社のブランド認知度を測る方法

自社のブランドがユーザにどれだけ浸透しているのかを調査するのに、「純粋想起」と「助成想起」という2つの想起(思い出すこと)があります。

「純粋想起」によるユーザの認知率を測る

「純粋想起」とは、商品やサービスのカテゴリーから特定のブランドを何の補助なしで思い出せることです。例えば、車のブランド認知率を測る際には以下のように質問します。

日本の自動車メーカーと聞いてどのブランドを思い出しますか?

このとき、お客様が回答されたブランドこそが、純粋想起を成功させている認知度の高いブランドと言えます。

純粋想起は手がかりなしで思い出してもらうため、そのユーザにとっては印象に残っていたり、その商材・サービスのファンであると考えれます。

「助成想起」によるユーザの認知率を測る

「助成想起」とは、何かしらの補助が与えたときブランド名を思い出せることです。
例えば、上記と同じように車のブランド認知率を測る際には以下のように質問します。

日本の自動車メーカーのトヨタを知っていますか?次のうち知っているメーカーを〇してください。

1.トヨタ 2.ホンダ 3.ダイハツ 4.スバル…

ここで認知されてたり、選択されたブランドは助成想起に成功させて、認知度が高いと言えます。

助成想起では、同じカテゴリーの競合と比較し、自社が同じカテゴリー(市場)でどのポジションにいるのかが分かります

上記のようなアンケートを定期的に行うことが大事

上記の「純粋想起」型と「助成想起」型の質問をするアンケートは、数カ月・1年単位で定期的に行うようにしましょう。

定期的にアンケートでの調査を行うことで、自社のマーケティング施策がどれくらい効果があるのか判別できます。

 

自社の認知度を向上させる施策

既にユーザが競合を純粋想起する際には、競合に勝てるまでカテゴリーを細分化することを意識する

具体的な施策を考える前に知っておくべきことなのですが、ほとんどのカテゴリー(市場)は大企業が純粋想起に成功しています。そのため、単純に自社のブランド認知度を向上させようとしても勝てないです。

そのため、これから行う施策で意識するべきことは、大きなカテゴリー(市場)で戦うのではなく、細分化したカテゴリー(市場)でトップになることを意識し実践しましょう

Web広告で自社商材・サービスの宣伝を行う

Web広告で自社商材・サービスの宣伝をすることで認知度を上げる方法があります。
一番費用対効果が高いのは、リスティング広告です。これは自社で設定したキーワードを検索した人へ広告を出すため、そのカテゴリーに興味のある宣伝することができます。

興味のある人に向けて広告を出すことで宣伝の効果は高くなり、自社の商材・サービスの認知率を上げることができます。

ブランディングサイトを作成する

会社の概要やデータを伝えるコーポレートサイトではなく、自社の商材・サービスについての情報を記載していたり、実際に詳しくサービスをお試しで利用できるようなブランディングサイトを作成しましょう。

ここから新規顧客からWeb上で認知してもらえるたり、広告のリンク先として利用できるため、長い目で見ると自社をブランディングし、認知率の向上に繋がる施策と言えます。
以下は参考ページです。

中小企業のブランドイメージ向上はなぜ必要?Webを使ってすぐにできる方法を紹介

 

まとめ

いかかでしたか?

自社の認知度を測る方法と向上させる方法を紹介しました。ブランドの認知度を向上させること、将来の企業の売上に繋がります。ぜひ記事を参考にして認知率を上げましょう!