営業スキルアップ

営業マン必見!営業活動を効率化するスケジューリングの5つのコツ

営業マンは、社内だけでなく外回りの仕事も多いため、スケジュールの管理が容易ではないと思います。しかし、スケジュールをきちんと管理することで、営業活動を効率良く行うことが可能です。

そこで今回は、営業活動を効率化するスケジューリングの5つのコツを紹介します。

全ての予定を一括で管理する

営業活動を効率化するスケジューリングの1つ目のコツは、全ての予定を一括で管理することです。仕事に関する予定だけでなく、プライベートの予定も一括で管理しましょう。仕事とプライベートの予定を別々に管理していると、スケジュールを組む際に他の予定が気になったり、予定が被ってしまう可能性があります。

従って、プライベートを含む全ての予定を一括で管理して、いつでも効率良くスケジュールを組めるようにする必要があります。スケジュール帳に書き込むアナログ派の方も多いと思いますが、スケジュール管理アプリを使用することがおすすめです。

先々の営業スケジュールを事前に確認する

営業活動を効率化するスケジューリングの2つ目のコツは、先々の営業スケジュールを事前に確認することです。直近の予定だけでなく、出来るだけ先の営業スケジュールも積極的に確認するようにしましょう。

先のスケジュールを確認することで、直近に行うことを逆算することができます。また、新たな予定を組む際にも、予定が被ることがなくなり、準備が必要な商談などの予定が詰まり事前準備を十分に行うことが出来なくなる可能性も低くなります。

作業に優先順位を付け、かかる時間を把握する

営業活動を効率化するスケジューリングの3つ目のコツは、作業に優先順位を付け、かかる時間を想定することです。スケジュールを組む際に、優先順位が無く、作業にかかる時間も把握していない場合、締め切りに間に合わなかったり、予定通りに事が進まず後の計画も共倒れしてしまう可能性があります。

従って、普段行っている仕事を洗い出し、締め切りとその作業の重要性・かかる時間を考慮して優先順位を付けることが重要です。それらの作業を完了するまでにかかる時間は、一度計測して正確な時間を把握する必要があります。

多くの予定を詰め込みすぎない

営業活動を効率化するスケジューリングの4つ目のコツは、多くの予定を詰め込みすぎないことです。営業マンは多くの仕事を抱えている場合が多いと思いますが、どんなに優秀な人でも仕事を無限にこなせる訳ではありません。

多くの予定を詰め込みすぎると、1つの予定が延長してしまうだけで、後のスケジュールが全てずれ込んでしまいます。従って、予定の前後に隙間時間を作ったり、予め予備日を設けるなどの工夫が必要です。

アポを取る際に商談の終了時間を決める

営業活動を効率化するスケジューリングの5つ目のコツは、アポを取る際に商談の終了時間を決めることです。開始の時間はきちんと決めて行う商談ですが、終了時間が曖昧で想定時間より延びることが多くあると思います。

アポを取る際に、商談の開始時間だけでなく終了時間も決めておくことで、商談後の予定も立てやすくなります。また、商談時間に終了時間を設けることで、自分だけでなく商談相手側もスケジュールの管理が容易になります。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は営業活動を効率化するスケジューリングのコツを紹介しました。

プライベートを含む全ての予定を一括で管理し、優先順位を付けて予定を詰め込みすぎないようにしましょう。
営業マンは外回りを含む多くの仕事を抱え、スケジュールの管理が難しいと思いますが、是非参考にしてスケジューリングを行ってみてください。