デジタル広告集客

BtoB企業がFacebook広告を利用するメリットとデメリットとは

FacebookなどのSNS広告は、BtoC企業が多いと思われがちですが、BtoB企業でも有効に活用することが可能です。

そこで今回は、BtoB企業がFacebook広告を利用するメリットとデメリットを紹介します。

Facebook広告を利用するメリット

詳細なターゲット設定が可能

Facebook広告を利用する1つ目のメリットは、詳細なターゲット設定ができることです。Facebook広告では、年齢や性別、地域及び趣味・関心などの細かなターゲットを設定することが可能です。

例えば、「京都府在住の40代男性で車に興味がある人」などというようにピンポイントでターゲティングを行うことができます。
また、Facebookは実名登録制であるため、これらの情報の信頼性が高いと言えます。

「いいね!」したユーザーの友達にも訴求することが可能

Facebook広告を利用する2つ目のメリットは、「いいね!」したユーザーの友達にも訴求することが可能であることです。皆さんもFacebookを利用して、「○○さんがいいね!しました。」という投稿を目にしたことがあると思います。

Facebookの友達は、知り合い同士であることが多く、年齢や地域・趣味などが似通っている可能性が高いです。従って、「いいね!」されることで、興味を持ってくれた人と似た嗜好性を持つ人にも拡散することが可能です。
また、友達が興味をもった広告に対しては警戒心が薄れることも考えられます。

広告費用が安価

Facebook広告を利用する3つ目のメリットは、広告費用が安価であることです。広告の出稿には、高い費用がかかるというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、Facebook広告では最低100円からの広告出稿が可能です。

広告効果を出すためには、ある程度の費用は必要となりますが、低価格であるためリスクを軽減して広告出稿に取り組むことが可能です。

Facebook広告を利用するデメリット

商材によってはターゲティングが難しい

Facebook広告を利用する1つ目のデメリットは、商材によってはターゲティングが難しいことです。詳細なターゲット設定ができることが大きなメリットであるFacebook広告ですが、商材次第ではこの強みを生かすことが難しいこともあります。

例えば、全般的なWebサイトの制作を行う会社であれば、顧客は年齢や性別・地域および興味・関心などを問わないためターゲティングが難しいでしょう。この場合では、美容サロンのWebサイト制作に関する広告を出すなどの工夫をすることでターゲット設定が容易になります。

Facebookユーザーにしか訴求できない

Facebook広告を利用する2つ目のデメリットは、Facebookユーザーにしか訴求できないことです。Facebookはアクティブユーザーが多く、ビジネスマンの利用者も多いため、BtoB企業がSNS広告を出稿するには最も良いツールと言っても過言ではありません。

しかし、当然ですがFacebookに登録していない人、または登録しているが見ていない人には訴求することはできません。幅広い年齢層のより多くの人が見る大手検索エンジンの広告と比較して、Facebook広告は訴求する相手に多少の制限がある広告になります。

広告の運用に手間がかかる

Facebook広告を利用する3つ目のデメリットは、広告の運用に手間がかかることです。どの広告でも、短期間で大きな成果を上げることは難しく、運用は付き物です。

特に、Facebook広告は詳細なターゲット設定が可能である分、広告出稿と効果検証のサイクルをより多く行う必要があるため、一定の効果が得られるためには運用に手間がかかります。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、BtoB企業がFacebook広告を利用するメリット・デメリットを紹介しました。

Facebook広告は、安価で詳細なターゲット設定ができるなどのメリットがある反面、広告訴求の範囲に多少の制限があり、運用に手間がかかるなどのデメリットもあります。
Facebook広告の出稿を検討されている方は、是非参考にしてみてください。

BaseconnectList