アンケート

すぐに使える!アンケート作成の5つのコツ

みなさんは、アンケートを作成したことがありますか?時間をかけてアンケートを作成したにも関わらず、期待通りの結果が得られなかった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アンケート作成の5つのコツを紹介します。

導入部分で回答者との信頼関係を築く

アンケート作成における1つ目のコツは、導入部分で回答者との信頼関係を築くことです。アンケート導入部分には簡単な挨拶文の後、アンケートの目的を明記しましょう。回答者はアンケートがどのように利用されるのか非常に気になりますし、知る権利があります。

導入部分はアンケート内でも特に丁寧に作成することが重要です。アンケートの回答目安時間なども記載し、アンケート回答時に不明瞭な点がないように心がけましょう。

また、アンケート回答に対するインセンティブがある場合には、導入部分に記載することで回答率と正確性を高めることが可能です。

必要最低限の個人情報を記入してもらい、個人情報取り扱い方針を明記する

アンケート作成における2つ目のコツは、個人情報の記入は必要最低限に抑え、個人情報取り扱い方針を明記することです。個人情報は他人に知られたくないため、アンケートの回答率は上げるためには、記入してもらう個人情報は必要最低限にすることが重要です。

また、取得した個人情報の取り扱いに関する方針も明記することで、回答者は安心してアンケートに回答することができ、正確性も高まります。

むやみに設問数を多くしない

アンケート作成における3つ目のコツは、むやみに設問数を多くしないことです。基本的にアンケートでは、設問数が多いほど回答率は下がります。目標とする回答者総数が多いほど、設問数は少なくすると良いでしょう。

また、質問文の分かりやすさや回答方法によって回答率に影響があるため、専門用語などは出来るだけ控え、回答の基準を明記するなどの工夫も必要です。

初めの方は答えやすい質問にする

アンケート作成における4つ目のコツは、初めの方は答えやすい質問にすることです。アンケートの回答形式には、主に以下の3つがあります。

  • 単一選択回答型(複数の選択肢の中から1つの回答を選択する)
  • 複数選択回答型(複数の選択肢の中から複数の回答を選択する)
  • 自由回答型(選択肢を与えずに自由に回答する)

基本的には、単一選択回答型の設問の回答率が最も高く、次に複数選択回答型、最も回答率が低いのが自由回答型です。従って、アンケートの初めの方では回答者の負担が少ない回答形式にすることで回答率が高まります。

設問の流れを考える

アンケート作成における5つ目のコツは、設問の流れを考えることです。アンケートの設問の順番は、回答者の思考の順と一致させることが理想です。最初の設問では、大枠の簡単な質問を単一選択回答型で行い、徐々に詳細な質問に移っていきます。

自由回答型の設問は、回答者の声を最も聞くことができる手段ですが、回答率が低いという問題点があります。しかし、きちんと設問の流れを作り、誘導することで回答率が上がることが期待されます。

また、アンケートの最後には「アンケートにご協力いただきありがとうございました。」などの感謝の一文を添えましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、アンケート作成における5つのコツをご紹介しました。

導入部分で回答者との信頼関係を築いた上で、設問数や質問形式・設問の流れなどを意識してアンケートを作成することで回答率と正確性の高いアンケートになります。是非参考にしてみてください。