MA(マーケティングオートメーション)

MAツール導入の効果が少ない企業とは?MAツールのデメリットと一緒に紹介

あなたの会社では、マーケティングオートメーション(以下、MA)を導入していますか?
また、導入している会社は価格に見合った効果を発揮していますか?
実は、価格に見合った効果が出ない企業には、いくつかの特徴があります。

今回は、MAツールのデメリットとそこから分かるMAツール導入の効果が少ない企業の特徴を紹介します。

MAツールのデメリット

導入・運用に高度な知識が必要になる

MAは、SFAやCRMのようなマーケティング関連のツールのなかでも、導入や運用が難しいと言われています。

例えば、MAを導入する際には、「シナリオ設計」を考える必要がありますし、CRMのような外部ツールと連携するために、プログラミングの知識が必要になります

また、MAを運用する際には、「スコアの設定」や「効果継続の指標決め」など事前に多くの準備が必要であったり、「データの分析」や「施策のレポート」のようにPDCAを回し続けたりします。

上記のように、MAの導入・運用には多くの準備物が必要であったり、技術的に難しいものがあったりと、高度な知識が必要になります。

効果が出るまで時間がかかる

MAを導入するにあたって、「スコアリングの設計」や「コンテンツの作成」「施策を実行するプログラムの設定」など準備することが多く、時間的な負荷がかかります。

また、コンテンツに多くの人が集まってどのような行動をとるのか、そういった数字やデータが貯まるまで時間がかかります。
そのため、広告出稿のように短期的に効果を出すということは難しいです。

そのため、かなり時間を割いて施策を行っていても、短期的に効果が出てこない場合があり、焦燥感に煽られる担当者も多いです。

マーケティング活動の改善を自動でしてくれるわけではない

MAは、「オートメーション」という言葉から、「MAを導入すれば全部自動化できる」といった誤った認識があります。この認識でMAを導入すると、導入後に「期待はずれだった」とギャップに直面する可能性があります。

たとえMAでも、メールやWebページを自動で作成したり、施策の結果に関するレポートの作成や分析を自動で行うわけではありません。

あくまでも、MAはマーケティング活動の改善の手助けを行うツールです。

MAを導入しても効果が少ない企業の特徴

上記でMAのデメリットを紹介しました。そのデメリットからMAを導入しても効果の少ない企業の特徴をいくつか紹介しようと思います。

MA導入・運用を行う専任担当者がいない

MAの導入・運用は非常に難しいです。

他業務とMA運用の業務を一緒にすることができても、MAを活用してデータを分析したり、PDCAを回すことがおろそかになります。おろそかにならないためにも、MA専任の担当者を確保する必要があります。

もし、専任担当者の確保が出来ない場合は、MAベンダーやコンサルティング会社に相談してみるのもありかもしれません。

定期的なPDCAを実施する体制がない

今まで、GoogleアナリティクスやGoogle Search ConsoleのようなWeb解析ツールを活用してPDCAを回し改善したことがある、という企業はMAの運用は大丈夫だと思います。しかし、上記のようにPDCAを回していない企業は注意が必要です。

MA運用は中長期的なマーケティング活動になるため、現状の課題を把握して改善するという体制を作っておく必要があります。

コンテンツやWebサイトを放置している状態では、MAを導入しても効果が出てるのか分からないまま、事業を進める必要があります。

リードを集客・育成するコンテンツがない

例えば、MAを活用してリードを育成したり、リードの行動をトラッキングしたくても、Web上に自社コンテンツがないとできません。

そのため、自社のコンテンツが少なかったり、長らく更新をしていない企業は、MAを導入するのを遅らせた方が良いかもしれません。

MAを導入する前に、自社コンテンツを作成してWeb解析を行い、ある程度サイト訪問者がいる状態にすることをまずは目指しましょう。

まとめ

いかかでしたか?

記事にも書いた通り、MA導入はかなりハードルが高いです。
また、MAを導入するだけでも年間で100万円以上かかるなどコスト面からみても、ハードルが高いです。

そのため、MAを導入する前には、記事で記載したことができているのか、確認をしてからにしましょう。

 

BaseconnectList