コンテンツマーケティング

BtoB企業がマーケティング施策で動画を制作するメリットとは

現在、動画をコンテンツにしたものが多くなってきました。企業のホームページのトップ画面に動画を用いていたり、SNSのタイムラインでも動画広告が流れてきます。
どうして企業は動画をコンテンツに利用するようになったのでしょうか?

今回は、BtoB企業でもマーケティング施策で動画を活用するメリットを紹介します。

動画のどこが優れているのか

「動画」と「画像・文字」を比較したとき、動画の方が優れている点を紹介します。

情報伝達力が優れておりユーザの負荷が少ない

実は、1分間の動画は3600のWebページの情報量に相当すると言われています。
このように動画は膨大な情報量をユーザに届けます。しかし、私達はその膨大な情報量に圧倒されることなく、楽に動画を見ることができます。

つまり、動画は文字や画像と比較して、短時間でユーザに膨大な情報量を伝えることができる、便利な情報伝達手段と言えます。

見た人の記憶に定着しやすい

アメリカ国立訓練研究所が「ラーニングピラミッド」という理論を提唱しています。
この理論は、人の学習率の定着度をコンテンツごとに序列化しています。
例えば、「講義を受ける」なら定着率は5%ですし、逆に「人に教える」だと定着率は90%です。

「リーディング(Reading)」の場合、定着率は10%でしたが、「オーディオビジュアル(Audio/Visual)」の場合、定着率は20%でした。

つまり、文字や画像より動画の方が記憶に残りやすいといえます。
これは動画がブランド想起やブランド認知に有効な手段になることを表しています。

 

動画の活用事例

商材・サービス紹介の動画

BtoB向け商材・サービスの使用方法や活用事例の紹介を画像や文字で行うと、ユーザには伝わりづらいことがあります。しかし、実際に商材を使用しているシーンを動画にすることで、ユーザには分かりやすく伝えることができます。

動画の内容としては、「サービス導入前と導入後でどのように変化した」「使い方が複雑な商材を実際に使用している映像」といったものが挙げられます。

「サービス導入前後での変化」をコンテンツとした動画だと、営業の際にお客様の理解を深めるものとして活用したり、展示会・セミナーなどで広報目的で流しておくことに活用できます。

「使い方が複雑な商材を実際に使用している」動画の活用法としては、その商材の使い方についてメールで問い合わせがあった場合、「この動画の○○秒あたりをご覧ください。」と返信することができます。

メールの文書だけでは伝えづらい情報も動画だと簡単に伝えることができます。

セミナー(ウェビナー)の動画

自社が行ったセミナーの様子を録画したものを動画にして、利用することができます。

専門性の高い商材であるBtoBの場合、使用方法や活用事例を知りたいと思い、セミナーに参加したいと考えているビジネスマンは多いはずです。

そこで、「地理的な問題でセミナー会場に行けない」や「セミナーの時間と用事が被っていてセミナーに行けない」というビジネスマンを対象に、セミナーの動画を提供することで、多忙な見込み客や地方の見込み客を獲得することができます。

下記の記事ではリアルタイムでセミナーを配信できるサービスを紹介しているので、興味のある方は参考にしてください。

リアルタイムで配信できるおすすめのウェビナー(Webセミナー)システム5選

企業のブランディングの動画

最後に企業のイメージアップに繋がるように動画を制作し活用することもできます。

BtoBの場合、商材・サービスの方に目を向けられがちですが、企業のブランディングを行うことで、「従業員の確保」や「広報のコストを削減できる」というメリットがあります。

企業のブランディングを動画で行うことで、テキストでは伝わらない会社の魅力を伝えることができたり、会社の想いをより伝えやすくなります。

まとめ

いかかでしたか?

「動画によるPRや広告はBtoC向けの商品・サービスだけ」と思われている方も多いですが、実はBtoB企業にも効果はあります。

最近は簡単に動画を取れるようになり、YouTubeのような動画のプラットフォームもあります。低コストで動画作成投稿できるので、是非やってみましょう!