営業マネジメント

無料から使える!営業日報管理ツール5選

あなたの会社では、日報の管理をどのように行っていますか?営業日報の管理をエクセルで手作業で行うのは非常に大変だと思います。

一方で、日報の管理に予算をかけたくないというのも本音でしょう。

そこで、今回は無料の営業日報管理ツール5選を紹介します。

NIPO

(出典:クラウド日報NIPO公式サイト

特徴

「NIPO」は、日報やチェックシートに特化したクラウドシステムで、メンバー5名まで無料で利用できます。

登録後30日間はTRIALプランとなり、全ての機能が無料で利用可能です。30日経過後はSILVERプランに自動的に移行となり、一部機能が制限されますが、永続的に無料で利用することができます。

いずれのプランにおいても、日報様式を20件まで登録可能で、日報を無制限に保管することができます。

また、PCだけでなくアプリをダウンロードすることで、スマートフォン・タブレットから場所を選ばず日報の作成が可能です。

 

houren.so

(出典:houren.so公式サイト

特徴

「houren.so」は、写真で簡単に情報共有ができる現場の効率を考えたツールです。フリープランでは、参加可能なグループ数が3グループまで、ストレージ容量300MBという制限付きで無料で利用できます。

また、マルチデバイス対応で、場所を問わず日報を作成することができるだけでなく、GPS情報を活用して写真を自動で仕分けることもできます。

さらに、投稿された写真に書き込んでコメントできるため、誤解の生じにくいコミュニケーションを取ることが可能です。

 

IEYASU 日報管理

(出典:IEYASU 日報管理公式サイト

特徴

「IEYASU 日報管理」は、ベンチャー企業のための無料のクラウド日報管理システムで、全ての機能を完全無料で使用することが可能です。業務の効率化・労働生産性の向上のために、人事実務の専門家集団が共同開発したシステムです。

また、アプリをダウンロードすることで、スマートフォンから場所を選ばず日報を作成することができるだけでなく、日報・予定メールなどをプッシュ通知で受け取ることが可能です。

 

GroupSession

(出典:GroupSession公式サイト

特徴

「GroupSession」は、日報管理機能を持つグループウェアであり、ユーザー数無制限で無料にて使用することができますが、無料版はPCからのみ利用可能です。

案件や顧客を設定した日報を登録可能であり、週間や月間・タイムラインの単位で日報を確認することができます。

また、他の機能であるスケジュールやプロジェクトのデータを取り込むことや日付を指定した次のアクションをスケジュールに表示することができます。

 

GRIDY

(出典:GRIDY公式サイト

特徴

「GRIDY」は、日報管理機能を持つグループウェアであり、ユーザー数無制限で完全無料のツールですが、無料版ではスマートフォンアプリの利用はできません。

「レポート提出」機能にて、報告書や日報などのレポートを複数のメンバーに一括で提出することができ、報告したメンバーの閲覧確認を行うことが可能です。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、無料の営業日報管理ツール5選をご紹介しました。

コストをかけずに日報管理ツールの導入をご検討されている方は、是非参考にしてみてください。