マーケティング戦略

実店舗への集客に効果抜群!O2Oマーケティングのメリットと成功事例

皆さんは”O2O”という言葉をご存知ですか?
O2Oは、消費者の購買行動に大きく関わっている施策です。

今回、BtoB企業によるO2Oマーケティングのメリットと事例を紹介します。

O2Oマーケティングとは

そもそもO2Oマーケティングとは何なのでしょう?

O2O(Online to Offline)とは、オンラインとオフラインを連携させることにより、ターゲットに購買行動を促進させる施策のことです。

前はチラシに付属していたクーポンやお得情報が、現在では公式アプリやTwitterなどのSNSなどで手に入れることができますよね。そうしたオンラインの施策によって、私達は購買意欲が高まり、実店舗で商品を購入します。

上記の例のように、O2Oマーケティングは、オンラインによるアプローチによって、オフライン(実店舗)へ誘導することを目的としており、効果を早く出すことができます。

 

O2Oマーケティングが利用されている背景

O2Oマーケティングは多くの企業に利用されており、サイバーエージェントとデジタルインファクトの調査によると、2018年のO2O広告の市場規模は135億円を見通し、2023年にはその12倍である1,616億円と予測しています。(出典:ExchangeWire

上記のように、O2Oマーケティングが多くの企業に利用されている理由には、2つの背景があります。

背景1:スマートフォンの普及

1つ目は、スマートフォンの普及です。

スマートフォンの普及により、リアルタイムで繋がりを実現することができるようになりました。

例えば、KIRINとLINEがコラボした「Tappiness」は、自販機にスマホをかざすとポイントがもらえるサービスがあります。

このサービスのポイントに、スマートフォンのGPS機能により、Tappinessのサービスが利用できる自販機が近くにあることをLINEで通知してくれます

このように、スマートフォンの機能とO2Oマーケティングの相性が良く、O2Oマーケティングを多くの企業が利用する理由の1つになっています。

背景2:SNSの普及

2つ目は、SNSの普及です。

(出典:ファミリーマート公式Twitter

上記は、ファミリーマートの公式Twitterアカウントのツイートなのですが、SNSの普及により、クーポンやお得情報を短時間&手軽に拡散することができ、大勢の方に利用してもらいやすい環境になっています。

上記のように「スマートフォン」と「SNS」の普及により、O2Oマーケティングは多くの企業に利用され、日常生活の至るところでも見られるようになりました。

 

主にBtoC小売店で利用されている手法

上記からも想像できるのですが、O2OマーケティングはBtoC向けの施策が多くなります

「クーポン」や「ポイント」をオンラインで提供することにより、実店舗に来てもらう機会を生み出します。そのため、飲食店やアパレル店、コンビニなどのBtoC向けの企業がO2Oマーケティング施策を行います。

 

O2Oマーケティングのメリット

今までオフラインだった施策が効果測定できるようになる

例えば、チラシ(オフライン)でクーポンを配布したとします。

チラシによる宣伝効果は、認知度の向上には効果的かもしれませんが、クーポンの利用者の属性情報(年齢、性別、地域など)が把握できないです。

そのため、クーポン・お得情報による実店舗への誘導効果がどれくらいあって、どのターゲット層に一番効果があったのか、が分かりづらく、効果測定がしづらいです。

しかし、アプリをダウンロードしてもらい、アプリからクーポンを提供する場合、事前に個人情報(年齢や性別など)を登録してもらいます。

そのため、クーポンを利用してもらうとデータが残り、クーポンがどのターゲット層に利用されているのか、といった誘導効果の測定ができます

顧客1人ひとりに最適化された販売促進ができる

次に、すでに利用して頂いたお客様に対して、それぞれ最適化された販売促進の施策を打ち出すことができます。

上記で紹介したように、クーポンがどの層に利用されたのか、どれくらい利用している人なのか、といったデータは残ります。

そのため、実店舗に来てくれる回数が多い人には、お得情報や新商品などの情報を提供して、新たに来店してもらうのが良いかもしれません。

また、実店舗に来てくれる回数が少ない人には、お得なクーポンを配布して来店のきっかけ作りを行う必要があるでしょう。

このように、O2Oマーケティング施策では、ターゲット層の利用頻度や属性情報によって、販売促進の内容を最適化させることができます

 

O2Oマーケティングの事例

株式会社 良品計画:MUJI passport

(出典:MUJI passportホームページ

無印良品で利用できるMUJI passportアプリでは、無印良品での買い物や様々なサービスの利用によって、「MUJIマイル」をためることができます

このアプリをダウンロードすることで、誕生日での買い物で500円分のクーポンを利用でき、購買促進に繋げています。

また、商品を自宅に配送する際もアプリのバーコードをかざすだけで、配送先を指定することができ、伝票への記入する手間を省くことができます。

これらを利用することで、顧客接点を最大限まで活用することができます。

株式会社LINE:LINE@(ラインアット)

(出典:LINE@

国内で7,800万人以上の利用者がいる無料通話&チャットサービス「LINE」ですが、ビジネスシーンでも活用できる「LINE@」も提供しています。

これらは「友達追加」しているお客様やファンの人に、一気にクーポンやお得情報を提供することができ、お客様にダイレクトにアプローチすることができます

LINEの利用者数から考えて多くの人にアプローチできること、そして月額5,250円という低価格であることから、飲食店や美容院、アパレル店、宿泊施設など様々な業界で利用されています

 

まとめ

いかがでしたか?

実店舗を構えている企業は、O2Oマーケティングを活用することで、実店舗に多くの消費者・ユーザを集客することができます。

特に最後に紹介した「LINE@」では、低価格で大きな収益を生み出すことができます。

是非O2Oマーケティングを活用し、売上を伸ばしましょう!