データ分析

無料あり!おすすめのWebサイト用ABテストツール5選

ABテストとは、マーケティングなどで行われる施策の良し悪しを判断するために、2つの施策同士を比較・検討することです。ABテストは手動で行うことも可能ですが、手間がかかってしまうため、ツールを活用することも多いと思います。

そこで今回は、おすすめのABテストツールを紹介します。

Google オプティマイズ


https://marketingplatform.google.com/about/optimize/

特徴

「Google オプティマイズ」は、Googleが無料で提供するABテストツールで、大企業向けの有償プラン「Google オプティマイズ 360」の無料版です。有償版と比べると多少の機能制限がありますが、GoogleアナリティクスやGoogle広告との連携ができるなど、無料にもかかわらず十分に使えるツールです。

また、ユーザー層に合わせてサイトをカスタマイズすることや、ビジュアルエディタを利用してブラウザ上でパターンを簡単に作成することも可能です。

料金

無料

Optimizely

https://www.optimizely.com/

特徴

「Optimizely」は、世界シェアNo.1・導入社数9,000社以上のABテストツールです。アメリカのOptimizely社で開発されたツールであり、日本では株式会社イー・エージェンシー(https://optimizely.e-agency.co.jp/)と株式会社ギャプライズ(https://optimizely.gaprise.jp/)の正規代理店が取り扱っています。

直感的かつ簡単な操作でABテストを行うことができるだけでなく、ネイティブアプリのABテストをできる機能もあり、Webサイトとアプリの運用をワンストップで行うことが可能です。

料金

30日間無料トライアルあり
要問合せ

Visual Website Optimizer(VWO)

https://vwo.com/

特徴

「Visual Website Optimizer(VWO)」は、インドで開発され、世界4,500社・国内400社以上の導入実績を持つABテストツールです。日本では、株式会社アッション(https://www.assion.co.jp/lp/05/)が日本で唯一の公式代理店です。

月額10万円から導入でき、テスト可能ドメイン数やサブアカウント数に制限がないことが大きな特徴です。また、テストの度にタグを差し替える必要がなく、読み込み速度の低下もなく、全プランで多変量テストやヒートマップ機能も利用可能です。

料金

通常プラン:月額15万円~
サポートプラン:月額30万円~

Kaizen Platform

https://kaizenplatform.com/

特徴

「Kaizen Platfrom」は、日本の株式会社Kaizen Platformが提供するABテストツールです。「Kaizen Platfrom」の最も特徴的な点は、グロースハッカーにサイトの改善案やクリエイティブの作成などを依頼・外注できる点です。

従って、社内で制作ができない企業や、制作に時間と手間をかけたくない企業にお勧めです。外部の経験豊富なグロースハッカーを利用することで、社内負担を削減することが可能です。

料金

要問合せ

SiTest

https://sitest.jp/

特徴

「SiTest」は、株式会社グラッドキューブが提供するサイト改善ツールです。ABテストだけでなく、ヒートマップ解析やEFO(エントリーフォーム最適化)、アクセス解析などのサイト改善機能があります。

また、AI(人工知能)レポート・スマートレポートを活用することで、解析データから自動でアクセス解析レポートを作成することができ、作業時間を有効に利用することが可能です。ヒートマップ解析情報や多角的サイト評価、曜日時間別分析などのレポートを出すだけで改善アドバイスをもらうことができます。

料金

無料トライアルあり
要問合せ

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、無料の「Google Optimize」や世界シェア1位の「Optimizely」、ドメイン数などの制限がない「VWO」、グロースハッカーに改善を依頼できる「Kaizen Platfrom」、AIが自動で解析レポートを作成してくれる「SiTest」の5つのツールを紹介しました。

Webサイト用ABテストツールの導入を検討されている方は、是非参考にしてください。

BaseconnectList