インサイドセールス

リピート客を生み出す、法人向けニュースレターを作る6つのポイント

ニュースレターとは、紙媒体のメディアのことです。見込み客を集めることや、既存顧客との関係を構築すること、リピート客を育てることとしての手段として、有効なツールです。

特に初回アプローチから受注までの期間が長期化するBtoB営業では、見込み客を中長期にわたってフォローし続け、相手との信頼を築いていかなければなりません。ニュースレターは、BtoB企業の購買プロセスに適したツールと言えるでしょう。

今回は、リピート客を生み出すようなニュースレターを作るポイントを紹介していきたいと思います。

顧客にとって役立つ情報を発信する

ニュースレターで発信する顧客にとって役立つ情報とは、2つあります。

まず1つは、顧客の業界顧客のターゲット業界、または競合企業の動向です。ここでは、自社の主張も交えて書くことが、ニュースレターを読んでもらうポイントになるでしょう。

そして2つめは、顧客にとってメリットとなるような、自社の業界の豆知識です。知っている自社の業界の専門的知識を顧客に役立つようにわかりやすく解説したり、ちょっとした豆知識を入れることによって、毎月読んでいると、受け取った人は自社の業界や製品についての詳しくなれます。そうすることで、この企業のニュースレターを読んでよかったと感じるでしょう。

自社の近況を紹介する

ニュースレターは製品・サービスの紹介だけでなく、会社自体についても知ってもらうことも大切です。そのため、定期的に情報を発信できるこの機会に自社の近況を顧客に報告しましょう。では、具体的な内容を紹介していきたいと思います。

自社に関係するイベント情報

まず始めに、自社に関係する先月のイベントの報告や、来月のイベント紹介などがあれば書くようにしましょう。

商品・サービスの紹介

次に、新しく販売した商品、おすすめの商品について書きましょう。ここでの注意は、決して売り込みをしないということです。ただの売り込みチラシになってしまっては、継続的に読もうとは思いません。ニュースレターではあくまでも、商品の紹介にとどめるということを意識しましょう。

お客様の声

また、意外かもしれませんがお客様から頂いた声は、とても重要です。自社に関する良かったという感想は、他の顧客に対して、良い導入事例を示すことになります。しかしここでは、クレームも含めることが大切です。この声に丁寧に応えることよって、クレーム後の対応がきちんとできている会社だということを知ってもらえます。

親近感を持ってもらう

ニュースレターは会社の情報発信ですが、制作している発信者と顧客とのコミュニケーションでもあります。

そこで、作成者は座右の銘や、日常生活の出来事など会社や製品に関係のないことを書いて、作成者に親近感を持ってもらえるようにすることが重要です。
発信者に魅力を感じることができれば、顧客に継続してニュースレターも読んでもらえるでしょう。

ポジティブな内容にする

ニュースレターは企業、ひいては作成者に良い印象を持ってもらい、信頼関係を築いていくためのものです。なので、読みたいと思ってもらえるような明るく、ポジティブな記事にすることを心がけましょう。

ニュースレターを送るリストを見直す

ニュースレターは顧客との関係構築に有効であり、送る対象者や、時期を分類するということもなく、顧客であれば誰にでも送ることが可能になります。

ですが、だからと言ってあまりにも無関心な人に送り続けると効率が悪く赤字にもなりかねません。なので、定期的に、ニュースレターをの送り先を見直しましょう。

長く続けられる工夫をする

ニュースレターは長期的に送り続けることが大切です。

SNSやブログ、メルマガといった様々な情報発信ツールを運用する場合、ニュースレターの作成を負担に感じることがないような工夫が大切です。ニュースレターを始めてみたものの、負担が多すぎてすぐにやめてしまう、ということでは成果に繋がりません。そこで、1つのコンテンツを複数の情報発信ツールで使いまわすことも一つの作戦です。長期的に作るためにも、効率的に記事を制作していきましょう。

またニュースレターでは、発行日を決めておきましょうなぜなら、作成者が目標をもって発行することができるようになるからです。さらに、顧客も毎月、もしくは季節毎の楽しみとしての位置づけてくれるようになるでしょう。

まとめ

いかかでしたか?

実は、ニュースレターは顧客に対しての情報発信だけでなく、社内での情報共有の役割を担ったり、顧客志向の向上による社内教育にも効果があります。
なのでニュースレターは成果を出すために、ぜひ作る側も読む側も楽しく長期的に続けられるように工夫して作りましょう。

BaseconnectList