Webマーケティング

Web制作のプロが紹介!無料でランディングページ(LP)を作成できるサービス7選

ランディングページ(LP)の作成には、ある程度の費用がかかります。しかし、最近ではWebページを簡単&無料で作成できるサービスがあります。

今回は、無料でランディングページを作成できるサービスを紹介します。

ペライチ

(出典:ペライチ

利用料金

  • スタートプラン…0円/年
  • ライトプラン…9,996円/年
  • レギュラープラン…20,196円/年
  • ビジネスプラン…30,396円/年

プランをアップするにつれ、公開できるページの上限数が1枚、3枚、5枚と増加します。

また、有料のプランに変更すると「アクセス解析」「メルマガ配信」「決済」などのオプションを利用することができます。

特徴

無料でWebページを作成できるサービスは、最近増えてきてはいますが、唯一「ペライチ」だけが日本産のサービスであるため、カスタマーサポートの面で安心できます。

特に、Webページの作成に関するセミナーやイベントを日本各地で開催しており、初心者の方へのサポートが手厚いことが特徴的です。

こうしたこともあり、登録ユーザ10万人を突破していることも評価できるポイントです。

ランディングページ作成時のポイント

ペライチでのLPを作成は、基本的に「選んだテンプレートの画像を変える」「選んだテンプレートの文章を変える」だけで、自分のランディングページを作成することができます。

全くコードに関する知識は必要なく、イメージと文章を決めてさえいれば、1時間~3時間ほどでランディングページを作成できるため、オススメのサービスとなっています。

 

Jimdo


(出典:Jimdo

利用料金

  • FREE…無料/年
  • PRO…11,340円/年
  • BUSSINESS…28,980円/年

有料のプランに変更すると、「サーバの容量の増加」「スマートフォン最適化」「日本語フォントの増加」など、さまざまなオプションを受けることができます。

特徴

「Limdo」には、iOS用とAndroid用のアプリがあり、PCを利用しなくてもスマホでランディングページを作成できることが特徴的でしょう。

また、有料プランに登録すると、「どれくらいアクセスされたのか」などもアプリから把握できます。

ランディングページ作成時のポイント

Jimdoも手軽にランディングページを作成することができることで有名であり、Jimdoで作成されたページは2000万以上と、最大級のWebページ作成サービスと言えます。

またレイアウトが多彩であり、イメージと文章を変えるだけでプロ並みのランディングページを作成することができます。

1つ注意点としては、標準でバックアップ機能が付いていません。そのため、「HTTrack Website Copier」というアプリケーションを利用する必要があります。

 

STUDIO

(出典:STUDIO

利用料金

  • Design…無料/年
  • Publish…$108/年
  • Grow…$324/年(もうすぐ対応可能)

無料のプランでも、「無制限のページ数の公開」「共同編集」などの機能も付いているので、非常に取っ付きやすいサービスだと言えます。

特徴

OfficeのWordやPowerPointのように、メールアドレスを送るだけでチームメンバーを招待することができ、人数制限なしでリアルタイムで共有、編集することができます

ランディングページ作成時のポイント

「テンプレートから好みのデザインを選び、イメージや文章の変更する」というスタイルではなく、「自分自身で要素を選択し追加していく」というスタイルです。

そのため、自由度は大きく自分好みのデザインや構造のランディングページを作成することができます。

しかし、採取的にはHTML/CSSとして完成版が排出されるため、レスポンシブ対応のための計算などが必要になり、ある程度HTML/CSSに慣れている人向けのサービスと言えるかもしれません。

 

Wix


(出典:Wix

利用料金

  • 無料版…0円/年
  • コンボ…10,092円/年
  • 無制限…15,192円/年
  • eコマース…19,692円/年
  • VIP…30,396円/年

有料プランに課金しても満足できなかった場合、14日間以内であれば全額返金されるので、安心して利用することができます。

特徴

世界180カ国で利用されており、フォトグラファーのポートフォリオサイトであったり、サロンやホテルのサイトなど、様々な用途で利用されているため、幅広い業種に対応できることが特徴的です。

ランディングページ作成時のポイント

250以上の多彩な機能に加え、直感的に操作できるため、初心者の方でも簡単に思った通りのWebページを作成することができます。

また、ビジネス向けの機能として「請求書作成」「ニュースレター送信」「訪問者の連絡情報の管理」「チャット対応」などが用意されています。

 

Instapage

(出典:Instapage

利用料金

「FREE TRIAL」として無料で利用できます。有料プランについては、ホームページには記載されていませんでした。

特徴

日本語版のサイトがないため、英語が苦手で読めない人は取っつきにくいかもしれません。

特徴としては、SalsesforceやHubSpotのようなMAやCRMなど連携ができ、マーケティング効果を測ることができます

ランディングページ作成時のポイント

他社サービスと比較しても、無料プランのテンプレートの制限が少なく、テンプレートが使いやすいものが多いです。

そのため、コーディングせずにランディングページを設計し、公開するまでをスピーディーにすることができます。

 

strikingly

(出典:strikingly

利用料金

  • 無料プラン…$0/年
  • LIMITED版…$96/年
  • PRO版…$192/年
  • VIP版…$588/年

また、ドメイン名習得には$24.95/年、独自ドメインメールには$25/年が必要です。

特徴

ランディングページに特化しているサービスであり、世界中から人気があるサービスで、簡単にハイクオリティーのランディングページが作成できる、という人気サービスです。

ランディングページ作成時のポイント

基本的に操作のナビゲーションが用意されており、メニューの量も適切なので、慣れていない人でも分かりやすいと思います。

また、有料プランではA/Bテストができ、ランディングページの運用・改善にも利用できます。

 

まめわざ

(出典:まめわざ

利用料金

  • 無料プラン…0円/年
  • スタート…7080円/年
  • シンプル…11,760円/年
  • アンシン…15,360円/年
  • ビジネス…23,760円/年
  • ビジネスプラス…47,760円/年

ビジネスプランだと、「独自ドメイン」「SEOサポート」「アクセス解析」の利用が可能になります。

特徴

「トーナメント表を作成できるツール」や「天気予表のパーツの組み込み」「レンタル掲示板」など一見変わったツールが用意されており、コードを組み込むと利用できます。

ランディングページ作成時のポイント

「本当にパソコンに触るのが苦手」というタイプの方に向けて、「ホームページ作成 お助け代理店」というサービスを提供しており、このサービスを利用すれば自分好みのランディングページを作成することができます。

また、成約方法を「問い合わせフォーム」「電話」「メール送信」から選んで掲載でき、様々な対応機能が用意されています。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、無料でランディングページを作成できるツール・サービスを紹介しました。

ぜひランディングページを活用して、新規のお客様を獲得しましょう!