営業アプローチ手法

メールと電話を使い分けた営業マンの上手なアポイントの取り方

普段、あなたはどのようにしてアポイントをとっていますか?
アポイントを取る方法としては、電話やメールが一般的ですが、
実はそれぞれ適した使い道があります。

今回は、まずメールと電話でアプローチする時の基本的な例を紹介した後、
どのように使い分けられるかをお伝えしたいと思います。
ここでは全て新規営業を対象にしたアポイントの取り方を紹介します。

アポ取りメールの書き方

ここでは、アポイントを取るためのメールについて紹介したいと思います。
アポイントメールは相手に検討してもらえる時間があったり、日時など間違えずにいつでも確認できることがメリットです。

例文

件名:弊社サービスの紹介についての面談のお願い(△△株式会社)

○○株式会社
○○様

はじめまして。
△△社の△△と申します。

弊社では〇〇のようなサービスを扱っております。
これまでは、〇〇といった悩みを持つ企業様に〇〇という点でご評価いただき、〇〇万円の効果が出ています。

ちょうど〇〇様の記事をお見かけした際に、弊社のサービスがお役に立てるのではないかと思いまして連絡致しました。

本メールには、概要資料を添付しておりますが、ぜひ一度、具体的な他社様の事例などもお持ちしてご面談の機会など頂ければと思っております。
もしご興味がおありでしたらご返信いただけますと幸いです。

お忙しいところ誠に恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
△△株式会社
営業部
△△ △△
TEL:000-0000-0000
mail:●●@●●.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

書く時のポイント

件名は一目見てどんな内容かわかるか、
本文は短く簡潔に書くことができているかを意識しましょう。

ここでは相手の企業の課題を自社の強みに関連させて示すとよりアポを取れるメールになるでしょう。
「どのような悩みか」「評価してもらった内容」「効果」をなるべく具体的に盛り込むことがポイントです。
ただし、成功事例については過大な期待を与えすぎないような表現にしましょう。

アポ取りの電話の方法

ここでは、アポイントをとるための電話について紹介したいと思います。

例1:以前、直接接点があった顧客に電話をするとき

  • 情報交換を提案する

自分「先日のイベントでは、大変お世話になりました。〇〇様とは〇〇というような共通点がありますので、今度、情報交換も兼ねてランチに行きませんか?

  • 情報提供を申し込む

自分「先日のイベントでは、大変お世話になりました。〇〇様はこのようなテーマについて興味がおありではないですか?
このテーマについてはわたしも調べていて、今度まとめたものを直接お見せしたいのですが。

例2:接点がない顧客に初めて電話をするとき

直接接点がなかった顧客に電話をするときのトーク例です。

自分「これまでは、〇〇といった悩みを持つ企業様に〇〇という点でご評価いただき、〇〇万円の効果が出ていまして、御社のお悩みも聞けないかと思いましてご連絡致しました。
具体的な他社様の事例などもお持ちしたいと考えておりますがいかがでしょうか?」

電話をかける時のコツ

顧客との接点があった時には、そこから話を広げることがポイントです。
また接点がなかった時は、メールの例でも上げたようなポイントを意識してアピールしていきましょう。

メールと電話の使い分け

メールと電話はそれぞれメリット・デメリットがあります。
それらを理解したうえで、先方に失礼にならないように連絡するため、また自社が効率よく営業するためにメールと電話はどのように使い分けていけばよいのでしょうか。

見込み客の質で使い分ける

まず始めに、見込み客の質によって使い分けることができます。

見込みが低い(購入意欲が低い)顧客は多くの人に一度に一斉送信できるメールを使用し、
逆に見込みが高い(購入意欲が高い)顧客は直接電話して丁寧にフォローするといったように、メールと電話を使い分けることができます。

相手の状況によって使い分ける

相手の状況によってもメールと電話を使い分けることができます。

例えば、何回か電話をかけてみたが、相手はいつも外出していてなかなか電話に出られないという時には、メールで送るということもできるでしょう。
相手の状況に合わせて連絡手段を変えるのも一つの手です。

時間帯によって使い分ける

電話は、かける時間によっては失礼になる場合があります。

例えば、朝一はメールチェックや朝礼、打ち合わせがあるため電話は避けましょう。
また、相手が昼休み中であるときや、就業後は緊急以外は避けるべきです。
電話はかけられる時間帯が限られてるといえます。

その点メールは相手の好きな時にチェックできるので、電話ではマナー違反の時間帯にはメールで送るということもできるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

メールと電話にはそれぞれ適した使い方があります。
この特徴を理解しうまく使い分けることで、上手にアポを取ることを目指しましょう!