組織マネジメント

目標管理手法「OKR」の基本やメリットを簡単解説!

皆さんは、目標管理手法「OKR」をご存知ですか?
現在、価値観の多様化が進み、組織は様々な需要に対応する必要があります。そのためには、組織の目標を明確にし、共有することで効率的な活動を行うことが重要です。

そこで今回は、目標管理手法「OKR」の基本と導入するメリットを紹介します。

OKRとは、組織や個人の目標を明確化させる目標管理手法

OKRとは「Objectives and Key Results」の略称で、「目標と主要な結果」と訳されます。組織や個人の掲げる目標と結果を明確化させる目標管理手法のひとつです。

組織の大きな目標を掲げ、その目標に沿って部署や個人の目標を設定します。組織と個人の目標をリンクさせることで、組織の目指す目標に向かって、全員が同じ方向を向いて仕事を進めることができるとされています。

KPIやMBOとの違い

OKRを取り入れる際に、混同されやすいのがKPIMBOです。

KPIは目標に対する進捗状況の数値

KPIは「Key Performance Indicator」の略称で直訳すると「重要業績評価指標」と言われます。プロジェクトの最終的な目標である「KGI(Key Goal Indicator)」を達成するためには現段階でどの程度クリアしているのかを数値で表すものがKPIと言われています。

OKRとの大きな違いは人事評価に使用される点と実行される範囲です。
OKRはモチベーション向上を目的としているため、人事評価には使用されません。しかし、KPIはプロジェクトでの目標に対しての進み具合を計る数値のため、100%達成されることを見越して設定を行い、人事評価に使用されます。また、OKRは組織全体で実行されるのに対して、KPIは部署ごとで実行されます。

MBOは報酬を決める評価材料

MBOも目標設定の手法のひとつとされています。

MBOとは「Management By Objective」の略称で、直訳すると「目標管理制度」と言われます。
OKRとの大きな違いは、目的です。MBOの主な目的は業績をもとに報酬を決めることです。そのため、個人の業務への目標を設定し、その内容は上司と本人にしか共有されません。また、人事評価に直結するため、目標は100%達成されることを見込んでいます。

OKRのメリットは?

組織の目標に沿って個人が動くことができる

組織の目標に沿って、部署や個人は目標を設定していきます。そのため、組織が何を目指して活動しているのか、目標を達成するには部署や個人がどう動けばよいのか、理解がしやすいと考えられています。

組織内のコミュニケーションが促進される

目標を組織内で共有し、進捗などの確認を行うため組織内のコミュニケーションが促進されることにつながります。また、個人の目標にアドバイスや連携を行うことも容易となります。

やるべきことの優先順位が明確になる

目標が明確になると、優先順位の高いタスクも明確となります。目標を果たすためには、このタスクは必要なのかと考えることが可能です。また、必要なタスクに集中することもできるため、効率的に活動を行うことができます。

大きな目標にチャレンジできる

OKRの特徴の一つに、人事評価や報酬制度に関わらないという点があります。そのため、目標を完璧に達成しなくても良いのです。60%~70%達成すればよいと言われています。OKRはモチベーションを挙げることが目的なので、失敗を恐れずに大きな目標にチャレンジすることができます。

OKRの導入方法

1.組織、部署、個人の順番に目標(Objectives)を設定する

まず、組織全体のOを設定します。その組織のOに沿った、部署および個人のOを設定していきます。ここでは、組織と部署ならびに個人のOの方向性が一致する必要があります。また、注意すべきことは必ずしも達成率が100%になるものではなく、60%~70%の達成が可能なものを設定することです。大きな目標を設定し、モチベーションを維持させることが重要です。

2.目標に対して主要な結果(Key Results)を設定する

評価を行うため、Oを達成するためにクリアしていかなければいけない、KRを設定する必要があります。複数に分けられたこの数値は、定量的に計測できるもので、客観的にも評価できる明確な数値でなければいけません。

3.定期的に進捗確認を行う

OとKRを設定したものを組織内で共有します。その上で、Oに向かってKRを行っているのか、など定期的に達成度を確認する必要があります。進捗を確認し、フィードバックを行うことでコミュニケーションも活発となります。

4.OKRの見直しを行う

OKRの期限は1か月から四半期に1度程度されています。そこでOやKRが妥当であるのか、今後のために変更する必要があるのかなど見直すことが必要です。その際にも組織と個人の方向性がブレていないか確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は目標管理手法「OKR」についてご紹介しました。

OKRは直訳すると「目標と主要な結果」です。
組織と個人の目標を理解し、関連付けさせることで組織内でコミュニケーションが生まれます。
OKRをうまく活用し、組織の活動を効率化させることにつなげてみてください。

BaseconnectList