経営戦略・事業戦略

OODAとは?業務改善でのPDCAとの使い分け方を解説

ビジネスの現場では常に現状を認識し、そして改善し続けることが求められています。日本では現在、「PDCA」という手法が一般的には知られており、それに基づく業務の改善を行っている方も少ないのではないでしょうか。

一方で、近年では外部環境の激しい変化に伴って、PDCAの限界が指摘され、そして新たな「OODA」という手法が使われ始めているのをご存知の方はまだ多くないのではないでしょうか?

今回はPDCAに代わるとされるビジネス手法「OODA」について、OODAとは一体何か、PDCAと何が違うのかを解説していきます。

OODAとは?

OODAは意思決定を行うための思考・行動の規範です。元々はアメリカ空軍のパイロットであるジョン・ボイド氏が提唱した指揮官の意思決定のための理論でしたが、現在ではビジネスの現場でも使用されるようになりました。

OODAはObserve(観察)Orient(仮説立案・方向づけ)Decide(意思決定)Act(行動)の4つの要素で構成されており、これを素早く繰り返し改善していくことから「OODAループ」とも呼ばれています。

では、4つの要素を詳しく見ていきましょう。

(1)Observe(観察)

OODAループの第一段階は、対象の動きを観察することです。この際注意すべきことは、「意思決定者自身が観察を行うこと」、そして「ただ見るのではなく、自身の戦略の決定に必要な情報を収集すること」の2点です。

現状をしっかりと認識することで、実際の意思決定と行動の確度をアップさせることができるので、できる限り見落としのないようにしましょう。

(2)Orient(仮説立案・方向づけ)

第一段階目で観察を行ったら、それに基づいた仮説の立案、そして意思決定の方向づけをします。上で述べたようにOODAは1回行えば終わりではなく、何度もループさせて改善する事が重要なので、この仮説には前回からの反省を盛り込んだものにすることを心がけましょう。

ここでは、観察によって得られた生の情報をそのまま用いようとするのではなく、情報の取捨選択加工を行い、実際に役立つものを抽出することが重要です。また、仮説を複数構築し、意思決定の際に比較検討できるようにしておくのも効果的でしょう。

(3)Decide(意思決定)

仮説が構築できたら、いよいよ意思決定を行います。この際には、目指すべき目標とOODAの前段階までに得た現状認識の成果を照らし合わせ、現状で最も確度の高い方向へと動きます

作り上げた仮説のうち、どれが最も現実性が高いのか?それに対して自身の持つリソースからどういった働きかけができるのか?といった点に注目するようにしましょう。

(4)Act(行動)

最後に、いよいよ実際の行動に移ります。OODAでの行動は必ずしもうまくいくとは限りません。何度も何度も繰り返し、そして行動をより良い物にしていくのがOODAの重要なポイントです。

この行動の結果に一喜一憂することなく、次回のOODAループのObserveやOrientの段階でしっかりと振り返り、次につなげていきましょう。

PDCAとの違いは?

さて、ここまで読んだ方の中には「PDCAと何が違うの?」と思われた方も多いと思います。実際、OODAとPDCAの違いとは何なのでしょうか?

そもそもPDCAとは?

PDCAもOODAと同様、意思決定のための理論です。Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の4段階で構成されており、これを繰り返すことで結果を改善していこうとするビジネス手法です。

PDCAは製造業などの品質管理を改善するために生まれたもので、現在では多くのビジネスパーソンが意思決定のために用いている思考の枠組みになっています。

詳しくはこの記事をチェックしてみてください!
【徹底解説】PDCAとは?机上論ではなく実務に落とし込むためにすべきこと

PDCAとOODAの違いは「変化への適応力」

PDCAが品質管理のために生まれた手法である一方、OODAは戦場で生まれた手法だという事実は、OODAの方がより不確実な状況への適応力が高いということを示唆しています。

実際、PDCAが計画段階から始まることが示しているように、PDCAはある程度工程の決まっているものに対しては威力を発揮しますが、事業や経営の戦略のように決まったプロセスの存在しない分野は苦手としています。

一方、OODAは現状の観察(情報収集)と方向づけを前提としており、不確実で変化が激しく、決まったプロセスがないものに対して威力を発揮します。一方で、慎重さを要する場面ではPDCAに優位があることも事実です。

OODAとPDCAを使い分けた意思決定が重要!

今の世界はVUCA(不確実で変わりやすく、曖昧な状態)であるとされています。情報技術の目覚ましい発展やそれに伴うビジネス領域でのイノベーションが既存のビジネスの秩序を破壊していく中で、OODAのような変化に適応しやすい手法が流行するのは自然な流れと言えるでしょう。

一方で前述のように、定常的な業務に関して言えばPDCAが強力な手法であることも事実です。「OODAが流行っている、これからはOODAだ!」と決めつけるのではなく、OODAとPDCAを場面に応じて使い分けることを心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

PDCAに取って代わるとされているOODAですが、お互いに得意な分野、不得意な分野があることが分かったかと思います。

自身の組織や外部環境の状態を鑑みつつ、最適な手法がどちらかをしっかり検討するようにしましょう!

BaseconnectList