組織マネジメント

KPI管理で全社のモチベーションを向上させる5つのコツ

ビジネスの現場で目標を管理する際によく使われる指標にKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)というものがあります。実際、営業やマーケティングなどの現場にこうした指標を導入している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

KPIを使用することで、各部署や個人単位での目標を定量的に可視化することができます。この特徴を活用して、KPI管理による全社でのモチベーションの向上を行うことができます

一方で、漫然としたKPI管理によるモチベーション維持は期待できません。今回は、KPI管理によってモチベーションを維持・向上するためのコツを紹介していきます。

そもそもKPIとは?

そもそもKPIとは、事業単位の定量的な業績目標であるKGI(Key Goal Indicator)を要因ごとに細分化し、設定した定量目標です

例えばある事業のKGIとして、売上の数値を設定したとします。売上は顧客数×購買単価×購買頻度として表すことができ、こののKGIを達成するための方針としては以下の3つが考えられます。

  • 顧客数の増加
  • 購買単価の向上
  • 購買頻度の向上

このうち、効果と実現性のバランスに優れた部分を選定し、KPIとします。例えば顧客数の目標数値を営業のKPIとして設定した場合、「新規顧客の獲得」「顧客の離脱阻止」といった方向性が考えられます。このような方針の中からコスト対パフォーマンスなどをもとに1つを選択し、詳細なKPIを設定していきます。

このようにしてKPIを設定しておくことで、追うべき数値目標が明確になるとともに、「KPIを達成することで業績目標であるKGIを達成することができる」という、目標に対するプロセスが明確化されます

KPIについて、詳しくは以下のページをご覧ください。
【徹底解説】KPI・KGIとは?成果を出すためのKPIの設定方法を紹介

従業員のモチベーション向上にはKPI管理が不可欠

モチベーションの維持には明確な目標の設定と、そこに向かうための管理者によるフォローアップが不可欠です。仮にそうした目標がなければ、「どれだけ働けば自分は貢献できているのか」「そもそも何のために働いているのか」という疑問が生まれてしまい、モチベーションの低下を招いてしまいます。

上で述べたように、KPIは目標とプロセスの明確化に非常に有効なツールです。目標の設定にKPIを活用し、しっかりと管理していくことで、モチベーションの問題を効果的に解消していくことができます。

KPIを管理してモチベーションをアップさせるコツ

KPI管理がモチベーションの維持に有効であるとはいえ、ただただ目標を設定すればいいというものではありません。うまく管理できなければ、逆にモチベーションの低下を招きかねません。では、モチベーションに効くKPI管理のコツとは一体何でしょうか

KPIの前提となるKGIとの関係を明確化する

第1に、KGIとKPIの関係を明確化することが重要です。よくあるケースとして、KPIと単なる数値目標を混同して、KGIとの関連性が見えない目標を設定している事があります。このようなKPI管理では、従業員が目標に対する貢献の実感を得ることが出来ず、働く意義を見いだせなくなってしまいます。

KPIはあくまでKGIありきで導かれるものだということをしっかりと念頭に置いてKPI管理を行っていきましょう。

KPIの数値に根拠を持たせる

第2に、KPIの数値がどこから生まれてきたのかを示すことです。KPIはKGIから生まれるという特性上、どうしてもトップダウン(上から与えられるもの)になってしまいがちです。そのため、KPIの数値がどのようにして設定されたか、そこに納得感があるのかを示さなければ、受け入れられないKPIになってしまいます。

KPIが設定された背景や理由を明確化して、必要とあらば説明を加えることができるようにKPI管理を行っていきましょう。

KPIは少し背伸びが必要な程度に設定する

第3に、KPIの数値は「頑張れば達成できるかも?」という程度に設定することです。目標達成の難易度があまりに高いと、従業員に「どう足掻いても無理だ」という無力感を与えかねません。反対にあまりに難易度が低いと、努力のための動機づけが出来ません。

そのため、KPIは高すぎず低すぎず、従業員のスキルやキャパシティの伸びを鑑みつつさらなる能力の開発とモチベーションアップに繋がる水準で管理しましょう。

KPIは重要なもののみ設定する

第4に、KPIをいくつも設定するのではなく、取り組むべきポイントを絞ることです。KPIが多く設定されていると、結局のところどの数字を追うべきなのかがわからず、混乱を招いてしまいます。さらに、投入するリソースが分散し過ぎてしまい、うまくKGIの達成につながらない事も多くあります。

KPIは「ここを目指せ!」という部分を絞って設定し、そこに向かう従業員の動きを管理していくようにしましょう。

KPIは常に確認できるようにしておく

最後に、KPIを常に見られるようにしておくことです。KPIを認識しているのが各部署の管理職にとどまっており、現場のスタッフがKPIを意識できていないというケースが散見されます。このような状態では、KPIの効果を全社で発揮することができません。

KPIは視覚化して資料などにまとめて管理し、常にすべてのスタッフが確認できるようにしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

KPIをどのように管理すればモチベーションの改善を効果的に行えるのかがお分かりいただけたのではないでしょうか。

今回ご紹介したポイントをしっかりと意識して、KPI管理の効果を最大化していきましょう!

BaseconnectList