見込み客獲得

リード(見込み客)の獲得をオンラインで行うメリットと4つの方法

営業およびマーケティングにとって、リード(見込み客)の獲得が重要であることは多くの方がご存知だと思います。では、みなさんはどのような方法でリードの獲得を行っていますか?

今回は、リード(見込み客)の獲得をオンラインで行うメリットと4つの方法を紹介します。

リード(見込み客)の獲得をオンラインで行うメリット

小規模なチームで低コストにマーケティング施策を行うことが可能

リードの獲得をオンラインで行うことの1つ目のメリットは、小規模なチームで低コストにマーケティング施策を開始することができることです。展示会やマス広告などのオフラインと比較してオンラインでの施策は、安価に多数の人に訴求することが可能です。

リード獲得率に大きな差がない場合、オンラインでの施策ではリード獲得数に対して必要な人員が少ないと言えます。従って、オフラインと比較してオンラインでは小規模なチームで安価にリードを獲得することができます。

費用対効果が把握しやすくリスクが小さい

リードの獲得をオンラインで行うことの2つ目のメリットは、費用対効果が把握しやすくリスクが小さいことです。展示会やマス広告などのオフラインでの施策と比較して、オンラインでのマーケティング施策にかかる費用は安価です。

さらに、オンラインでは投資した費用に対するリードの獲得数を把握することがオフラインと比較して容易であるため、費用対効果を予測・測定しやすくリスクが小さいと言えます。

リードの反応や行動を定量的に分析することができる

リードの獲得をオンラインで行うことの3つ目のメリットは、リードの反応や行動を定量的に分析することができることです。分析ツールを用いて、サイトに流入してきたリードがサイト上でどのような動きをしているのかなどを分析することが可能です。

これにより顧客の興味やニーズなどを把握することで、改善など次のアクションに活かすことができます。また、リードナーチャリング(見込み客育成)に繋げることが容易です。

オンラインでリード(見込み客)を獲得する方法

ターゲット層が関心のあるコンテンツを作成・発信する

オンラインでリードを獲得する1つ目の方法は、自社のターゲット層が関心のあるコンテンツを作成・発信することです。これは低コストで始めることができますが、成果が出るまでに時間がかかります。

ターゲット層が関心のあるコンテンツを作成し、自社Webサイトなどのオウンドメディアに掲載することで見込み客をサイト内に誘導することができます。Webサイトの設計を工夫して、問い合わせや資料ダウンロード、メルマガ登録などのコンバージョン率が上がるようにしましょう。

SNSの自社アカウントで情報を発信する

オンラインでリードを獲得する2つ目の方法は、SNSの自社アカウントで情報を発信することです。SNSはBtoCのイメージがあるかと思いますが、BtoBの企業にも重要なメディアです。

SNSは流行に敏感なメディアであるため、発信する情報は最新のものやトレンド性のあるものが良いでしょう。また、SNSは拡散力が強いので、多くの人にリーチできる可能性がある一方で注意も必要です。

キーワードを選定してリスティング広告を出稿する

オンラインでリードを獲得する3つ目の方法は、キーワードを選定してリスティング広告を出稿することです。リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンのキーワードに連動して表示される広告のことです。

リスティング広告で獲得したリードは、ニーズが顕在化しているため見込みが高いことが多いです。また、リスティング広告は検索ボリュームや競合性により価格が異なるため、キーワードの選定が非常に重要になります。

他社の専門メディアサイト上に資料を掲載する

オンラインでリードを獲得する4つ目の方法は、他社の専門メディアサイト上に資料を掲載することです。メディアサイト上で資料のダウンロードなどを行ったリードの情報が資料掲載主に提供されます。

他社のサイトを活用するため、広告の出稿やSEO対策を行う必要がなく、情報掲載料やリード獲得数に応じた料金を支払い掲載するだけで、すぐにでもリードを獲得することが可能です。しかし、オウンドメディアからの同じ資料請求・ダウンロードと比較すると、情報収集段階のリードが多いことがデメリットです。

 

まとめ

いかがでしたか?リードの獲得をオンラインで行うメリットを理解していただけたでしょうか。

オンラインでは小規模でリスクを減らしてリードの獲得を行うことが可能であり、リードナーチャリングにも繋がるといったメリットがあります。自社に合った方法でオンラインでのリード獲得を行ってみてはいかがですか。